スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アルファオメガの渋谷凛を撮ってみました

秋になって過ごしやすくなりました。9月末にやっとswitchが届いて楽しんでます。
なかなか面白いハードとは思いますが、ソフトが無ければただの箱とは昔から言われている事なので、色々と面白いゲーム出て欲しいですねぇ。個人的にはアーケードアーカイブスやインディーズゲームに期待してます。

さてアルファオメガより神谷奈緒に続いてアイドルマスター シンデレラガールズ 渋谷凛 Triad Primus Ver.も購入してみたので早速撮ってみました。間に加蓮も発売されていたのですが予算的に断念。
元々この凛も奈緒だけ買うつもりが出来の素晴らしさからしぶりんも欲しい~となって買った経緯があったりします。
元絵があるかどうかは分からないですが(公式絵だけでもメチャクチャあるので)衣装は奈緒と同じく初期SR+の衣装ですね。

今回からFlickrからのリンクは止めて直接FC2の画像ファイルで貼ることにしました。Flickrも同時にアップしてますので大きく見たい人はどうぞ(リンクに貼っておきました)。
スマホページだとFlickrへのリンクが無いので作らなきゃですね。一応過去のFlickr画像から辿れます。

アルファオメガ 渋谷凛1
はじける笑顔が素晴らしい~。今回8枚程ですがどうぞ~。


>>続きを読む

スポンサーサイト

アルファオメガの神谷奈緒を撮ってみました

発売延期が無ければ今月までには3体のフィギュアが届いていたんですけど、その内2体が発売延期でとりあえず出費的に安心しておりますw
アルファオメガの商品って初めて紹介するような気もしますけど購入も初めてかな?。買ったのも忘れてるのもあるので記憶に自信が無いです(汗。
アルターとメガハウス共同のブランドだったと思いますが、最近は主にアルターが多い感じですね。ガンダムWのヒイロ&リリーナも出てたと思うので、版権的に通り難いのはアルファオメガ名義でアルターが出してるのかもしれません。今回の神谷奈緒もアルター製作ですね。

さてそんなアルファオメガのアイドルマスターシンデレラガールズより神谷奈緒ちゃんです。太眉にツンデレともう大好きな子ですし、もしかしたら今後奈緒ちゃんフィギュアの発売は無いかもしれないと思い受注限定販売品でしたが思い切って購入しました。

アルファオメガ神谷奈緒3
今回少し多目に撮ってます(ただしパンツは撮らない主義)



>>続きを読む

リルフェアリーのイルミィが届きました

えーっとあけましておめでとうございますですねw 本年も超マイペース更新かと思いますがよろしくお願いします。
昨日辺りまで気管支炎手前の風邪になってましてほぼ寝たきりでした。最初は花粉症で喉が痛いのかと思ったんですが、熱が38度以上になるわで慌てて病院行って薬もらって安静にしておりました。
以前肺炎で一ヶ月入院させられた事があるので早目に治さないとヤバイと思いまして。お陰で大分治りました。

さてリルフェアリーの妹ボディシリーズが展開始まりました。今のところハーミア、イルミィ、もうすぐ発売予定のピチカが新しい仲間として加わります。
ハーミアとイルミィをお迎えしましたが、ボディが妹ボディの関節強化版なので共通点ありそうで結構無いです。ハンドパーツもピコニーモDボディより小型ですし、ボディサイズに合わせて全体的に小さめな設計になっています。
頭部のジョイントは共通なのでピコニーモのヘッドを付ける事は可能です。衣装も問題無いと思いますけど妹ボディだとちょっとオーバーサイズになるかもですね。

Hello Illumie!

そんな訳でイルミィ撮ってみました。掃除に集中出来ず遊んでしまう妹達です。

ハーミアと絡めたかったですけどまた後日にでも。
背景はホームセンターで買ってきました木目調のカッティングシートです。リアルに凸凹が付いてるので雰囲気が思ったより出て良かったです。ライトが反射しすぎるのも心配でしたが結構自然に撮れて良かったですね。

ハーミアもイルミィも左手首のジョイントが緩いので瞬間接着剤等で軸を太らせると丁度良くなります。ピコニーモDに比べれば足の関節が丁度良くなったのでそこは嬉しいですね。
後は数が毎回かなり少ない感じなので再販なりしてもらえれば良いとは思うのですが…。

フェアリーズもこれで4人目とじわじわとドール棚を侵食しておりますw


MPビーストコンボイが届きました

気が付けば深夜3時50分。記事を書き終える頃には5時近くなってそうですがw
トランスフォーマーのMP(マスターピース)シリーズのビーストコンボイが届きました。まぁ正式名はコンボイで良いのですけど色々な作品のコンボイが居るのでビーストコンボイで行きます。

初代ビーストウォーズは1997年に放送されたアニメでロボット物の全編CGでの放送でした。日本では多分初?。
その頃には既にアニメの一部のシーンにCGが使われてたと思いますが、ビーストウォーズのCGクオリティは非常に高くアニメ関係者だけではなくCG系の人も驚いていたと思います。Windowsもまだ95の頃でしたからCG作るのもまだまだ大変な時代だったのです。

トランスフォーマーとしては全て動物や生物がロボットに変形するという、フルCGアニメかつトランスフォーマーとしても新しいジャンルだったんですよねぇ。
玩具も世界的と言って良い程大ヒットで、当時は安い物だと定価1000円以下で発売されてましたし、一番高いコンボイとメガトロンも2980円程だったと思うので非常に手を出しやすく、また変形も単純かつ面白くてコレクターを産み出しました。
僕も当時発売された玩具は主たるのは殆ど買ってたと思います。ガンダムWのプラモと合わせてここからホビーにどっぷりと浸る事になろうとは…。

さてそんなビーストウォーズからコンボイがMPシリーズでリメイクしての発売です。
ビーストコンボイ1



>>続きを読む

積んで詰みました

今日は簡単に。月末なのでまとめ発送のプラモやらがドカっと届きました~。
実際に届いたのはFAGの轟雷、迅雷、アーキテクトの上の物達です。FAGは轟雷だけパチ組は終わってるんですが、他はパーツチェックぐらいしかしてないので積むよ積むよどんどん積むよーという感じですw 写ってないのでスティレットもありますし積ガンプラもいっぱいですし。

photo-2016-10-01a.jpg

とりあえずFAGも厳選して買うようにしてパチ組でも良いから消化しなきゃですねぇ。ちなみにRGシナンジュもあれから全然進んでません。。。


photo-2016-10-02-23.jpg

前に少し紹介した鉄板をビスとナットで組み立てるパズルというかブロックみたいなのですが結構前に完成してました。
折角なので届いたえんじぇるパーカーを着てもらったシェリーと比較。
このままだとfigmaでもかなり座らせるのは厳しいですが、ブロックなのでハンドルを取って天井も外してしまえば、座れるタイプのfigmaなら何とか座らせそうです。けどサイズが大きいfigmaは無理ですね。

パーツ精度は悪くは無いですが特別良いという訳でも無いのでまぁ普通です。鉄板をカーブさせながら固定する箇所もあるのでその内形状変形してしまう可能性はあると思います。
値段ぐらいには楽しめたので組み立てて楽しかったです。ドライバー仕事が好きな人は一度楽しんで見るのも良いかもですね。






| NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。